ウェディングのトップソングをご紹介!

このサイトでは、誰もが一度は耳にしたことがある定番のウェディングソングを紹介しています。
オープニングにふさわしい盛り上がるものや感動のシーンで涙を誘うようなものや夢や希望を後押ししてくれるようなものなど、挙式や披露宴を魅力的に感動的に華やかに演出してくれる曲はたくさんあります。
自分の趣味を押し付けるのではなく、ゲストに共感してもらえるような万人ウケする曲を選ぶのがおすすめです。
曲選びに困っているなら、まずはチェックしてみましょう。

定番ウェディングソングをチェック

定番ウェディングソングをチェック ゲストに喜んでもらえるような料理や視覚的な演出や楽しく過ごせるような会場づくりや気の利いた引き出物など、結婚式においてこだわるべきことはたくさんありますが、会場で流すBGM選びもその一つです。
入場時などに流すウェディングソングは、知名度が高くて誰でも知っているような定番ナンバーを選ぶのがおすすめです。
ウェディングソング選びにおいて意識すべきこととしては、ウェディングに適したハッピーで感動的で希望が持てるような歌詞であること、流すシチュエーションやシーンに適したテイストであること、新郎と新婦の人柄やキャラクターにぴったり合うミュージシャンのナンバーであることなどがあります。
音楽の力は偉大で、BGMによって人の感情は大きく左右されます。

誰もが楽しめるウェディングソングの選び方とは

誰もが楽しめるウェディングソングの選び方とは 結婚式で選んで楽しいもののひとつに、ウェディングソングがあります。
自分たちの思い出の曲にするか、定番のものにするか悩むのも楽しい時間です。
結婚式には大勢の人を呼ぶものですから、出来れば誰もが知っている歌を選んで全員で盛り上がることが出来る歌を探しましょう。
たとえば、男性であればノリが良く、大勢で盛り上がる選曲が喜ばれるようです。
ウルフルズの「バンザイ」や、福山雅治の「家族になろうよ」などは人気があります。
長渕剛の「乾杯」などは、目上の方などがいらっしゃる際のウェディングソングとしても好評です。
女性の場合は、結婚の喜びを素直に歌い上げる歌が喜ばれる傾向にあります。
安室奈美恵「CanYouCelebrate」やドリカムの「未来予想図2」などは定番曲として知られています。
他にもMISIAの「Everything」や、いきものがかりの「ありがとう」なども人気の歌です。
AKB48などはウェディングでの余興などでよく使われており、「会いたかった」などは振り付けを合わせて踊るといった見せ方もあります。
出来るだけそのウェディングに参加する人たちにあった歌を選ぶことが、盛り上がるコツと言えます。
カップルで試し聴きしてみるのも、楽しいでしょう。

おすすめの結婚式情報サイト

大阪でウェディング

新着情報

◎2020/8/24

福山雅治「家族になろうよ」
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

kiroro「未来へ」
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「ソング 定番」
に関連するツイート
Twitter